一人ひとりの必要に応えることを大切に。

アートファームはデザインや印刷のこと、写真のことでも「ちょっと相談したい」お客様から、ビジネスの有力なツールを「本気できちんと作りたい」企業様からのお電話をお待ちしています。
おかげさまで創業10周年を過ぎ、わたしたちは今も「いつも喜び、絶えず祈り、すべてのことに感謝せよ。」(聖書より)を経営理念として歩み続けています。お客様と共に喜べるために、祝福を祈りつつ、あらゆることに感謝をもって臨みます。
当社ではデザイン+印刷+写真の他にも、ジオラマ(情景模型)など立体造形や映像制作(3DCGムービー/DVD)も可能です。それを可能にする手段=目標達成のためにふさわしいプロフェッショナルを集め、必要に応じてプロジェクトチームを組める柔軟な体制があります。様々なリクエストをいただくごとに、新しいチャレンジが生まれます。その経験は大切な財産となっていきます。しかし何よりまず、お客様に喜んでいただけることが一番の喜びであり、原動力であることに変わりありません。

グラフィックデザイン・プロダクションとしてスタートした当社ですが、「モノ作り」の幅を広げるうちに今では「できることは何でもやろう。」という柔軟で自由なスタイルになりました。この仕事に携わり約30余年を経て思うことは、モノ作りの本質には垣根などないということです。平面も立体も、音も映像もデザインし形にするプロセスの基本は同じです。グラフィックデザイナーが印刷や写真だけでなく、建築、音楽、造園、料理の分野まで越境することは不思議ではありません。デザインやモノ作りにおいて「特定の分野に固定しない」こと、それが当社の特徴といえます。わたしたちへの「得意なものは?」という問いに答えはありません。あえて可能性を限定しないことがわたしたちのポリシーです。道があるから歩くのではなく、歩いたあとに道ができるように。 お客様のご要望は一人ひとり違います。広い視野を持ち、いつも柔軟な対応でお客様の必要に応えたいと願っています。

わたしたちにあるもの(できること)を、できるだけ多くの方にもっと便利に、気軽に利用していただくために、品質やサービス内容は常に高く維持しながらも、日々限界までコストを下げる努力をしています。というと一見当たり前のようですが、この本当の「限界まで」下げるのは、かなりのチャレンジなのです。けれども、わたしたちは無謀な価格競争に挑んでいるのとは違います。当社にお問合せいただいたお客様には、はじめに標準価格をご案内しています。ご依頼内容を詳しくお聞きした上でとことんご相談に応じます。「お客様の期待以上の結果を出す」ためにコスト以外にも努力を惜しまないのは当然です。たとえ当社の利益を最小限にしても、本物のサービス(仕える事)をもってお役に立てることは幸いです。わたしたちは、これからもお客様のさまざまな必要に、できる限り応えていける、自由度の高い創造空間を目指します。安心、信頼の絆を大切に。

 

写真素材のピクスタ

 

◎たったひとつの命を救ってください。

 犬・ネコといっしょに生きて行きたいと願う方は、どうかペットショップに求めるのではなく、里親になってみてください。きっとすばらしい関係が築けると信じます。我家でも保護された大型犬と中型犬の2頭と暮らしていますが、犬たちはまるで命を救ってもらったということを理解しているのではないかと思えるような暮らし方をします。ぜひ、あなたにも体験してほしいと願っています。
※飼育放棄やブリーダー崩壊、ペットショップの売れ残り処分などの理由で4分に1頭の命が殺処分されています。年間約12万頭以上の犬ネコが狭いガス室に詰め込まれ、ガスによって酸欠状態で窒息し、もがき苦しみながら死んで行きます。 動物保護センターに送られた犬たちは、殺される直前まで人間が迎えに来てくれることを信じて待ち続けています。犬は人の幸せのためだけに生きる動物なのです。

ライフパートナー  いつでも里親募集中

代表取締役 吉 田 耕 三